head_img

葉酸サプリの妊活効果

photo 葉酸は厚生労働省からも妊婦に対して推奨されるようになりましたが、実際は妊娠前の妊活から必要な成分なのです。
なかなか妊娠できない人の中には、母体が妊娠に対する準備ができていないということもあります。
また、受精できなかったり、受精しても着床できなかったりすると不妊という結果に終ってしまうことに。

しかし卵子や精子の遺伝子情報の書き換えがうまくできず、細胞に傷がついている場合は奇形や障害をもった卵子や精子が作られてしまいます。
しかしそのような卵子や精子はほとんど受精ができなかったり、着床までいかずに流れてしまうこともたくさんあるのです。

そのため妊活のときからトラブルのない健康な卵子や精子を作るためにも、葉酸はとても重要なのです。
特に卵子や精子が正常に作られ、それが妊娠につながる期間を考えると、妊娠前3カ月から葉酸をしっかり摂取すべきであると言われています。
このようなことからも妊活には葉酸は欠かせないのです。


 

卵子の老化を防いで不妊改善

葉酸サプリには葉酸だけでなく、他の栄養素も配合されていることがほとんどです。
中には葉酸だけのものもありますが、逆にそういったサプリメントはあまりおすすめできません。
その葉酸サプリに含まれているビタミンEやビタミンCといった栄養が卵子の老朽化を防ぎ、妊娠しやすい体を保ってくれます。
なので特に35歳を過ぎて妊娠を希望する夫婦、つまり高齢妊娠に該当する夫婦には特に摂取してもらいたい栄養素です。

卵子の老朽化を防ぐということは、妊娠した際に流産や早産といったことを防ぐこともできます。そのため、妊娠前の妊活中からの葉酸サプリを飲んでおくようにしましょう。

また男性にもメリットがあり、葉酸サプリの栄養素は精子を元気にする働きもあるため、女性だけでなく男性も一緒に飲むことは一番理想的と言われています。
なかなか男性が葉酸サプリを飲むというのは抵抗がある方もいるかもしれないですが、赤ちゃんの健康のためにも是非飲んでおくようにしましょう。


 

ページトップに戻る